Vol.129

Macは、友達で、旅の道づれで、頼もしい仕事仲間です。

2013-4-1

東 智美

Performa

 

Performaを触ったのがきっかけ。

もう15年以上も、昔のことです。

それから、PowerMac、G3、G4、と、ノート型を挟みながら、順当にバージョンアップを重ねるも、いつしかDELLへ浮気し、Windowsと過ごす生活が、3年ほど続いていました。

(Web制作業界は、WINDOWSのブラウザで確認した方が何かと便利な時代が長かったので。その上、ITな業界に毒されて、ちょっとナナメにApple製品をみていた、ひねくれた時代もあったのです)

そんなわたしをMacな日々に戻したのは、実は、Macではなく、iPhoneでした。

Macお宝鑑定団のダンボさんに呼び出され、「まだiPhoneに替えとらんのか!」と、一喝されて。

ようやっと重い腰を上げて、iPhone3Gに機種変更。それからは、iPhone(というかダンボさん 笑)に導かれるように、各地のユーザーグループの会(AUGM)へ顔を出し始め、新旧のMacな友人との交流が戻ったり深まったり、気がつけば身の回りは、Apple製品とApple好きの友人だらけに戻っていました。

新製品が出れば、並び購入し自慢し、旅行がわりに全国のAUGMへせっせと通い、Macを媒介に、この数年で爆発的に、お友達も、仕事相手も、ガジェットの知識も増えて、どんどん生活が充実していったように思います。

一時、DELLに浮気はしましたが、それでも思い返せば、ノマドなんて言葉が生まれるずっと前から、わたしは、いつもでどこでも、Macと一緒に仕事をしていました。

数年前までは、小さな外付けハードディスクに、入るかぎりのデータを詰め込んで。

そして今は、DropboxやEvernoteなどのクラウドサービスが充実したので、データを持ち運ぶ必要も無く、インターネットさえ繋がれば、いつでもどこでも、さっきの続きを始められます。

これはもちろん、Macでなくても実現可能な話しですが。

わたしを、お洒落に仕事できそうに見せてくれる見た目とか、するするした手触りとか、柔らかく光る林檎マークとか、キーボードのタッチの気持ち良さとか。これじゃないと嫌だなっていう理由がたくさんあるので、やっぱり、Macを使い続けています。

いつの間にかAIRなんて冠をつけて、とても薄く軽くなったMacと一緒に、今日はここ明日はあそこと、好きなところでふらふら仕事をする毎日。Macなご縁で繋がった仕事のパートナー達と、MacやiPhoneを介して連絡をとり、Macの上で仕事をする。

今のわたしは、仕事もプライベートも、半分くらいは、Macと共に、Macな世界が繋いでくれたご縁で、生きています。

 

──────────────────────────

株式会社トーモ

東 智美 @ぴちきょ

Webを中心としたクリエイティブ/プランニング制作会社を経営しています。

また、2年前から父の会社を手伝い、スマホバッテリーメーカー「cheero(チーロ)」の中の人のひとりとして、製品開発、プロモーション、製品開発に携わっています。

http://www.cheero.net/

久々の林檎いとしやの更新です。

今回は、株式会社トーモの東社長様というか、cheeroのおなじみぴちきょさん。明るい笑顔と、話術でみんなのアイドルです。AUGMに、顔を出してくれますので、ぜひ、本人の笑顔をみて癒やされてください。